BESTGEAR

はんこ

お求めやすい印鑑から最高級の印鑑まで、ご予算に応じてお作りいたします。伝統工芸印章の甲州手彫印鑑も直販価格で販売しております。

法人印


会社実印

会社実印

会社実印とは、法人を設立する時に法務局に登記する際に登録する印鑑です。 このはんこを押すことで、企業や団体の代表者を法律的に裏付けます。

※個人の実印は一人一個しか持てませんが、会社の実印である代表者印は代表取締役が二人以上いれば、各人が持てます。

会社丸印

一般的には「○○株式会社代表取締役印」と刻印します。外枠に「会社名」、内枠に「代表取締役印」(有限会社も同じ)もしくは、「代表者印」(合名・合資・個人事業)と刻印します。印影は、円形が標準で、このため「丸印」とも呼ばれます。

印影書体に規定はありませんが、三書体があり「篆書体(上図参照)」「印相体」「古印体」から選択できます。ランキング的に言うと、篆書体が選定される傾向にありますが、会社の個性を表す書体を選べば良いと思います。

会社銀行印

会社銀行印

会社銀行印は、手形・小切手を振り出す際に必ず必要になります。

会社銀行印とは会社が預金の支払いや手形・小切手に押印するため、銀行に届ける会社の印鑑です。直接、金銭を動かすときに使うので実印同様、重要な印です。

一般的には「○○株式会社代表取締役印」と刻印します。外枠に「会社名」、内枠に「代表取締役印」(有限会社も同じ)もしくは、「代表者印」(合名・合資・個人事業)と刻印します。

印影書体に規定はありませんが、三書体があり、「篆書体(上図参照)」「印相体」「古印体」から選択できます。ランキング的に言うと、篆書体が選定される傾向にありますが、会社の個性を表す書体を選べば良いと思います。

角印

角印

通常は「社印」と言いますが、四角い形しているので角印と呼ばれています。

角印は、請求書や領収書の文書の社名に重ねて押印します。文書の信頼度を高めるために必要です。ズンドー型角印もあります。

会社角印

一般的には「○○株式会社」を刻印しますが、社名の文字数とデザインバランスを考えて「印」「之印」をつけて作成することもあります。 印影書体に規定はありませんが、三書体があり、「篆書体(上図参照)」「印相体」「古印体」から選択できます。ランキング的に言うと、篆書体が選定される傾向にありますが、会社の個性を表す書体を選べば良いと思います。

個人印


個人実印

個人実印

実印は、日本では、条例に定められていますので、社会生活上必要になる印鑑です。法律上、社会上の権利義務の発生を伴う重要な印です。

 

 

実印が必要となる用途の代表的な事例
  1. 公正証書の作成
  2. 法人の発起人になるとき
  3. 官公庁での諸手続
  4. 保険金・補償金の受け取り
  5. 抵当権設定
  6. 不動産取引(売買・担保設定など)
  7. 自動車・電話加入権などの売買及び担保設定
  8. 遺産相続

個人銀行印

個人銀行印
個人銀行印印影

銀行印は、銀行に口座開設して、運用する際に必要になります。実印で通用しますが、管理上区別しておいたほうがいいでしょう。

銀行印は、印影に「姓(右図)」を刻印します。

個人認印

個人認印

認印とは、その印鑑を押す書類の内容や、事柄について「目を通しました」「認めました」ということをあらわすために押す印鑑のことです。

ゴム印


ゴム印

ゴム印

持ち手が透明で綺麗な方が「トップスター」といいます。持ち手が木製なのが「のべ台」と言います。

一見、トップスターの方が、カッコいいのですが、力の支点が中心部分になるので押しづらいです。 のべ台の方がクッキリ・ハッキリ押すことができます。

浸透印


浸透印

スタンプクリエータ スタンプ

シャチハタに代表される朱肉やスタンプ台を使わずに押印できる印です。ブラザー製品もございます。

ページのトップへ戻る